リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け

笑顔の女の人

空室と価値毀損に注意する

集合住宅

区分マンションの注意点

不動産投資には、リスクがつきものです。マンション経営におけるリスクは、主に2つあります。その2つとは、空室リスクと資産価値毀損リスクです。2つのリスクをきちんと把握し対策を取ることで、健全なマンション経営を行うことができます。空室リスクは、安定した家賃収入を得られるマンション経営の魅力を大きく損ねてしまいます。特に区分マンションに投資をする際には、空室期間を短くすることが重要です。区分マンション一室だけを保有していると、入居率は100%か0%のどちらかになってしまいます。年間の入居率を高めるためには、少しでも空室期間を短くする必要があります。また、得られた家賃収入を頭金とし、二室目の区分マンションを購入するようにしましょう。複数の区分マンションを保有することで、入居率を安定させることができます。

マンションの価値に注意

マンション経営では、毀損リスクを常に考える必要があります。毀損リスクを抑えるためには、適切な管理費と修繕積立費が必要です。国土交通省が発表しているガイドラインでは、適切な管理費と修繕積立費は1平米当たり月202円となっています。もしこれより少ない管理費と修繕積立費である場合には、注意が必要です。特に修繕積立費が足りていないと、10年に1度は行う必要がある大規模修繕工事が適切に行われない可能性が高まります。マンションの価値を大きく毀損させてしまうため、管理費と修繕積立費が適切かを確認するようにしましょう。また、管理費と修繕積立費の将来の値上がりを見越した資金計画を立てることも重要です。キャッシュフローを計算する際には、少し多めの管理費と修繕積立費を計上するといいでしょう。

Copyright© 2016 リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け All Rights Reserved.