リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け

笑顔の女の人

空き部屋と老朽化

住まい

空き部屋対策を必ず行う

マンション経営にはいくつかのリスクがありますが、その中で特に大きなリストは空き部屋で、空き部屋が増えすぎると収益をあげることができません。マンション経営で空き部屋のリスクを減らすには2つの方法があります。まず一つはしっかりとした管理会社を選んで、空き部屋が出たらその部屋の情報をネットの不動産サイトに素早く出してもらう必要があります。管理会社はマンションの管理だけではなく、部屋の宣伝に力を入れているところを選べば、マンション経営のリスクを減らせます。もう一つの方法は経営者自身が物件にまめに足を運ぶことです。マメに足を運んでおけば、物件の状態を的確に把握できるので、何か問題が出てきたら迅速にそれに対応できます。

老朽化に対処する

マンション経営をする場合は中古の物件を使うことが多いので、どうしても老朽化のリスクに直面します。それをできるだけ小さくするには、物件を購入する時にその物件の状態をしっかりと把握する必要があります。不動産会社に依頼して、物件の内部を見て問題がないか調べます。特に屋根の状態はきちんと調べた方が良いでしょう。屋根は傷みやすい個所で、そこが傷んでいた場合の修理にかかる費用は高額になることが多いです。購入してからも老朽化のリスクはあるので、自分の物件に出来るだけ行って、悪くなっているところはないか調べる必要があります。早めに修理をすることができたら、修理の費用は少ないのでマンション経営を続けていく上で大きなプラスになります。

Copyright© 2016 リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け All Rights Reserved.