リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け

財布と電卓を持つ女性

堅実に利益を得るために

インテリア

マンション経営は収支のバランスとリスクを考えなければいけません。空室や修繕費などの不測の事態に備えて家賃を決める必要があります。そのためには周辺環境に合わせたマンションを建てる事が有効です。マンション経営は長期的な視点で考えなければいけません。

View Detail

空室と価値毀損に注意する

集合住宅

健全なマンション経営を行うためには、空室リスクと資産価値毀損リスクに気を付ける必要があります。複数の区分マンションを保有することで、入居率を安定させることができます。また、適切な管理費と修繕積立費は、マンションの価値を維持するために必要不可欠です。

View Detail

少子化に向けての経営方針

お金

単身者に特化した賃貸物件

不動産投資は株や先物などに比べるとリスクが小さいと言われています。しかし不動産投資の中でもマンション経営にはそれなりのリスクがあるので、その対策が必要です。今後のリスクとしては少子化があります。若者人口が減少していくので賃貸需要が減っていくというリスクが考えられます。確かに全国的には賃貸需要が減少気味ですが、首都圏に限ると単身者が増加しているのです。これは熟年離婚などが多くなり、1人住まいをする人が増加しているからです。また大企業が集中しているので、地方からの単身赴任者が多いということもあります。このような状況を把握して、これまでとは違うマンション経営を工夫する必要があります。例えば単身者向けの都心型デザイナーズマンションにするなどの工夫です。

生活の幅を広げる賃貸物件

単身者向けデザイナーズマンションの特徴は、入居者の生活の幅を広げることができることです。これまでの賃貸マンションは、作る側の論理が優先されていたのです。需要が多かった時代はそれでも入居者があったのですが、少子化を迎える時代では入居者の立場に立ったマンション経営が必要なのです。若者だけでなく、単身者にはそれぞれのライフスタイルがあります。その点はファミリー層とは違う点です。単身者向けデザイナーズマンションでは、入居者それぞれのライフスタイルに合わせた暮らし方ができるように設計されているのです。例えば従来の間取りのような1DKや2DKではなく大空間のワンルームなどの方が単身者には使い勝手がよく、またおしゃれなのです。このようなマンション経営に転換すれば、少子化のリスクをなくすことができます。

空き部屋と老朽化

住まい

マンション経営のリスクはいくつかありますが、特に気を付ける必要があるのは空き部屋と老朽化です。空き部屋が出たら、すぐに広告を出してくれる管理会社を選ぶ必要があります。老朽化のリスクを小さくするには、傷みの少ない物件を購入して、購入した後は物件の状態に絶えず気を配るようにしましょう。

View Detail

Copyright© 2016 リスクを考えてマンション経営をしましょう|安心経営で驚愕の儲け All Rights Reserved.